フィンジアの成分について解説します。

フィンジアの成分についてここでは書いていきたいと思います。

やっぱりこれからフィンジアを使おうとしている方は成分について不安に思ってしまうこともあるかと思います。

「本当に効果が期待できるのか?」

「危険な成分が入っているんじゃないの?」

などいろいろ思うこともありますもんね。

フィンジアの成分についてまとめ


 

フィンジアの主成分について

フィンジアの主成分は下記になっています。

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • カプサイシン

です。

全部の詳細はこちらです。


アカツメクサ花エキス(キャピキシル)
アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)
キハダ樹皮エキス
グリチルリチン酸2K
センブリエキス
トウガラシ果実エキス(カプサイシン)
パンテノール
ヒオウギエキス
ヒキオコシ葉/茎エキス
ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)
ビワ葉エキス
フユボダイジュ花エキス
ボタンエキス
褐藻エキス


↑なんだか色々な成分が入っているのが分かりますよね。^^

これら全部で頭皮に栄養をおくり浸透して効果が発揮できる訳なんです。

ここで各成分について掘り下げて説明していきますね^^

まずは、キャピキシルについてです。

キャピキシルは薄毛の進行を遅延したり、ヘアサイクルの間の成長期を促すDHTを阻害する期待があります。

また、

毛包の成長に関係する毛乳細胞にあるを刺激して促す期待もできます。

次にピディオキシジルについて説明しますね。

ピディオキシジルは発毛剤のミノキシジルと近い成分から同様の効果が期待できるを噂の成分です。

ですが、ピディオキシジルは化粧品であることは忘れないでくださいね。

化粧品はリスクが少ない分、継続してゆるく効果が期待できます。

逆に医薬部外品は効果が期待できる分副作用も多くなっていきます。

こらは頭に入れておいてくださいね。

ピディオキシジルの期待できる効果は、ヘアサイクルを整えてくれる効果が期待できます。

平常なヘアサイクルというのは2~6年くらいですが、薄毛の方のヘアサイクルは約1年もかからないと言われています。

これは非常に短い期間になっています。

その期間が短いと成長期にしっかりと髪の毛が成長できないので、髪の毛が細く短くしか育たないです。

↑その原因を正してくれるのがピディオキジジルなんです。

 

次にカプサイシンについてです。


カプサイシンは先ほど紹介した成分、

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル

をしっかり頭皮に送り込めるように、頭皮を柔らかくしてくれる期待ができます。

つまり門を開けてくれるイメージです。

 

このカプサイシンによってしっかりとフィンジアの成分が届きしっかりと吸収されますので、より高い効果が期待できますよ^^

 

●関連記事

フィンジアの口コミについて書いた記事はこちら